スーツの男性

店舗集客に困り果てているなら専門家に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 若者のアイデアは必要

若者のアイデアは必要

筆記用具

広告は消費者への購入意欲だけでなく、企業のイメージにもつながる。この広告のアイデアは主にその企業で働く社会人が考えているのだが、ここに学生のアイデアを取り入れるだけで効果が目に見えて上がる。まず大きな理由として社会人と学生では思考、発想が大きく違うからである。よく言われる若者の柔軟な思考だけでなく、学生は社会人とは全く別のシステムからなるコミュニティに属しているため、感性、思考が少し異なってくる。社会人の目的は第一に稼ぐことであるのに対し、彼らは周りの友達と楽しく過ごすこと、将来の夢や目的のために努力することが目的となる。社会人の思考はどうやったら購入意欲につながるかという、固まった思考である。学生のどうやったら喜ぶか、どうやったら楽しくなるかというアイデアは消費者にワクワクやドキドキを与え、より購入意欲を湧かせる広告作りに繋がるのである。第二に消費者も多くは学生であるし、その親である大人にも発言一つで影響を与えるからである。さきほども述べたように学生と社会人では少し思考が異なる。消費者のターゲットの割合に学生が多くなればなるほど、より学生のアイデアを取り入れた広告は効果を発揮する。また、日本人は昨今家族でのコミュニケーションが減ったなどと言われるが、それでも家族で会話が全くない家庭などほとんどないであろう。広告を見て、それを話題にするであろうし購入するときに相談するかもしれない。そのとき、広告に子供が違和感、不快感を覚えるものであってはいけないのである。そのため、学生向けに広告を作成する場合は、専門業者に依頼するとよいだろう。専門業者に依頼することで、クオリティーの高いものに仕上げることができる。しかし、業者によっても費用が異なるため、きちんと選ぶことが大切である。