スーツの男性

店舗集客に困り果てているなら専門家に依頼しよう

  1. ホーム
  2. 誹謗中傷への対抗策

誹謗中傷への対抗策

男性

逆SEOの高度な技術

今やネット上に書き込まれた情報が瞬時に拡散する時代を迎え、多くの企業も何らかの形でインターネットを情報発信の手段に利用しています。その半面、企業にとって好ましくない誹謗中傷の書き込みがされても同様に情報が拡散されてしまうため、そのようなページが検索結果の上位に表示された場合は風評被害が発生してしまいます。削除申請をすれば問題が解決するように思われがちですが、実際には表現の自由を理由に拒否されたり、削除まで時間がかかったため風評被害が拡大したりする例も少なくありません。こうした問題を解決するための有効な方法として、誹謗中傷サイトの検索順位を下げるために実施される逆SEOが挙げられます。通常のSEOはむしろ検索順位を上げる目的で実施されますが、ある特定ページの検索順位を下げるにはさらに高度なSEOのテクニックが必要です。具体的には自社に対するポジティブなページを増やすことで、誹謗中傷ページの順位を相対的に落とすことができるのです。とは言え検索エンジンのアルゴリズムは非常に複雑で、利用者にとって有益な良質のコンテンツを重視する傾向も見られます。内容の薄いコピーコンテンツを増やすだけではかえって逆効果なため、きちんとSEO対策を施したポジティブなページを大量に作らなければなりません。この他にもドメイン・IPアドレスの分散やサテライトサイトの大量作成と頻繁な更新など、風評被害拡大を防ぐための逆SEO対策には多くの手法が含まれます。いずれの手法も企業が単独で実施するのは困難ですが、逆SEOを得意とするSEO会社に依頼することで大きな効果が期待できます。削除依頼が認められない限り誹謗中傷はネット上に残り続けることになりますが、長期的な視点に基づく逆SEOによって風評被害は食い止められます。誹謗中傷が発生した場合は、早期にこのような対策を実施することで企業のブランドイメージを守れるのです。