スーツの男性

店舗集客に困り果てているなら専門家に依頼しよう

ビデオカメラ

企業の宣伝になる

大阪には映像制作会社がたくさんあるので、企業の宣伝動画を作ってもらいましょう。企業の知名度アップに繋がったり、自社商品のPRに繋がったりするのでお勧めです。あまり費用がかからないのは、ネット動画の制作です。

男性

誹謗中傷への対抗策

ネット上では情報が迅速に拡散するため、企業に対する誹謗中傷サイトがあれば風評被害が拡大してしまいます。当該サイトに削除依頼をして拒否された場合でも、逆SEOのテクニックを使えば風評被害の拡大防止も可能です。誹謗中傷ページの検索順位を低くするには高度な技術も必要ですが、SEO会社が実施してくれます。

顧客が集まる秘訣

店舗

意外に簡単です

店舗の集客力向上はどの企業も大きな課題となっています。集客力が企業の売上に大きな影響を及ぼすため、その課題を克服することが重要な要素となっています。そんな店舗集客についていくつかのアイデア及び実例を知っておく必要があります。最初に、無料配布によって店舗集客を図るという手法があります。試供品やサンプル品などを無料で配ることで、自社商品に関心を持っていただくというものです。化粧品をチラシとともに配ったり、フィットネスクラブにおける初回無料チケットの配布といった実例があります。イベントを活用するといった方法も店舗集客の有効な方法です。適時において自社主催のイベントを実施し、そこで自社製品をPRします。夏祭りなど家族で参加できるイベントやコンサート企画が実例として挙げられます。とにかく人を集めたいというときにはインパクト重視型の企画が有効です。イベントのネーミングや企画そのものにインパクトを与えることで集客を図ります。実例としては全長10mの巻き寿司作り大会や海外旅行など超豪華商品が当たるイベントの実施などが挙げられます。このほかボランティアを行うといった手法も店舗集客は図る有効な手段として挙げられます。地域に役立つ業務を無償で実施することで、店舗周辺の人とつながりを持ち、店舗について感心を持っていただくという戦略です。地域清掃活動や防犯活動、運動会などの学校行事の支援活動などが実例として挙げられます。

筆記用具

若者のアイデアは必要

学生の思考を取り入れた広告は購入者に社会人の普段感じることのないインパクトと新鮮さを与える。広告のターゲットにも学生はいるし、家族で話題になるとき、親が子供に相談するときには子供の意見が重要である。子供に違和感、不快感のある広告であってはいけない。